家

より快適に暮らすためには家をデザインしよう

戸建てを手に入れる手段

住宅

一戸建て住宅を購入する方法は幾つかあります。まず最も安く購入できるのが建売りの分譲住宅です。すでに完成している建物なので、間取りに合わせて住み方を工夫することが必要になります。次に注文住宅として安く建てられるのが、ハウスメーカーのローコスト住宅です。メーカーが独自に開発する材料を使うので、安く建設できるわけです。他にも工務店による注文住宅や設計事務所によるものなど、一戸建てには様々な形で購入できるものがあります。予算に合わせて選ぶことが必要となります。いずれにしても大切なことは、まず基本的な住宅性能を確保することです。特に注文住宅は、いかに耐震性などに予算をかけられるのかがポイントとなります。

注文住宅による一戸建てを購入する場合には特に注意が必要となります。施主は耐震計算などに関しては素人なので、希望通りの間取りなどは基本的に難しいものとなります。けれども業者によっては、多少住宅性能を妥協しても施主の要望に応えようとするところがあります。最初の満足度は高いものの、やがて住み難さが気になるようになります。また、一戸建て住宅はメンテナンスをいかにしやすくするかがポイントになります。手入れによって建物が長持ちするか否かが決まるようになるからです。そのためには極力シンプルなデザインにすることなどが必要となります。建売り住宅においても、気候などに適した住宅性能を確保したものを選ぶことが必要となります。