一軒家

より快適に暮らすためには家をデザインしよう

安く住まいを手に入れる

ガイダンス

分譲住宅は基本的に、すでに完成された物件を購入するものです。けれども中には、ある程度自由に設計ができるものもあります。建設に入る前に契約することで、用意された間取りから好きなものを選ぶことができるのでお得です。

詳細

戸建てを手に入れる手段

住宅

一戸建て住宅を購入する方法として、建売り分譲住宅から注文住宅まで様々なものがあります。予算に応じて選ぶことができますが、大切なことは基本性能をしっかりと確保しておくことです。さらにメンテナンスのしやすさもポイントになります。

詳細

より良い住宅にする方法

家具

生活動線を考える

家のデザインを考える場合には、機能性も十分に考慮することが大切です。見た目がいい住宅であることも重要ですが、生活するためのスペースですから、いかに居住性が高いかが重要なのです。例えば、生活動線を考えたデザインであることも大きなポイントです。生活していくうえで必ず住宅内を移動することになりますので、動線をしっかりと考えてデザインすれば、それだけ生活しやすくなります。玄関から入って洗面所に手を洗いに行くまでが遠ければ、手を洗うことが面倒になりますし、住宅内の廊下が一方通行になっていると、廊下で鉢合わせしてしまうことにもなります。実際にどのように人が動くかを考えて家をデザインすることが重要なのです。

機能性を高める

家をデザインをする場合に、大きなガラスを用いたり、大きなリビングを設計したりすると見栄えが良くなります。同時に、機能性を高めるための工夫も必要です。大きなガラスがあると、それだけ掃除が大変になりますので、簡単にガラスを掃除するための工夫をする必要があります。大きなリビングだと冷暖房を効かせにくい面がありますが、床下暖房を採用したり断熱性の高い構造を用いることで夏涼しく冬温かい家にすることが可能です。メリットとデメリットを考えたうえで、いかに機能面を高めていくかが住宅デザインにおける重要な項目です。実際に住宅を建築する場合には、デザイン性と機能性を両面から検討していくことで、より良い住宅を建築することができます。

家族と暮らすマイホーム

見取り図

生涯で2回住宅を建てる家庭も珍しくない名古屋で、一戸建て住宅を建てるなら、目的に合わせて業者を選びます。工務店を利用するメリットは地域の環境を熟知しており、天候や特性を活かした住宅を設計を考案します。

詳細